ようこそエア・ウォーター・プラントエンジニアリングのホームページへ

ENGLISH


Atmospheric pressure plasma direct type surface treatment device

大気圧プラズマ ダイレクト型表面処理装置


大気圧プラズマ ダイレクト型表面処理装置

用途

フィルムの濡れ性改善、接着性改善

特徴

安価な窒素ガス(N2)でも均一処理可能(低ランニングコスト)・小型、軽量、コンパクト・高速、連続処理で高スループットを実現・ガス種のノウハウ蓄積であらゆる表面改質に適応

仕様

処理速度 最大50m/min
フィルム幅 最大1,000mm
フィルム厚 10〜125μm
プロセスガス 窒素、アルゴン、ヘリウム、酸素、その他ガス多数
※フィルム幅1,000mm以上についてはご相談ください。

PAGE TOP